迷惑メール対策の強化を目的とした「25番ポートブロック」を実施(ニフティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

迷惑メール対策の強化を目的とした「25番ポートブロック」を実施(ニフティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ニフティ株式会社は10月26日、同社のインターネットサービス「@nifty」に対し、「25番ポートブロック」を実施すると発表した。

25番ポートブロックとは、インターネット上で通信されるデータを識別するための番号のうち、一般的にメール送信(SMTP)に割り当てられる25番に利用制限を加えることで、プロバイダが指定したメールサーバを使用しないメールを制限する仕組み。
同社は対策第一弾として、「25番ポートブロック」実施済みのプロバイダを利用する@nifty会員への代替手段として、サブミッションポートの提供を開始、2006年5月を目処に@niftyでの「25番ポートブロック」の適用を開始する。
なお、@niftyでの「25番ポートブロック」の適用は「@nifty光 with フレッツ」「フレッツ・ADSL」ユーザから開始し、順次対象を拡大していく計画だ。

http://news.nifty.co.jp/niftynews/2005/10/25_b411.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×