世界的アンチウイルスベンダー・カスペルスキー・ラブス社の素顔に迫る(第2回) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

世界的アンチウイルスベンダー・カスペルスキー・ラブス社の素顔に迫る(第2回)

前回に引き続き、カスペルスキー・ラブス社日本オフィスにて、日本法人代表のアドリアン・ヘンドリックス氏に取材した内容を述べる。今回は、2000年に同社が発売を開始したオリジナルブランド製品群の詳細と、日本市場参入の戦略について取材結果をまとめた。

特集 特集
前回に引き続き、カスペルスキー・ラブス社日本オフィスにて、日本法人代表のアドリアン・ヘンドリックス氏に取材した内容を述べる。今回は、2000年に同社が発売を開始したオリジナルブランド製品群の詳細と、日本市場参入の戦略について取材結果をまとめた。

●カスペルスキー社オリジナルブランド製品のラインナップ

 同社で発売しているPC向けセキュリティソフトウェアは、

・ウイルス対策製品
・スパムメール対策製品
・パーソナルファイアウォール製品

の3つに大別できる。この区分を基本に、個人から大企業までの様々な規模、WindowsからUnix系OSまでの様々なプラットフォームをカバーできるようになっている。同社はこれらの製品ラインナップの同時導入を推奨しているが、個別導入も可能だ。

●カスペルスキー・アンチウイルス

 同社のアンチウイルス製品の詳細は以下のようになっている。

◎個々のPCやサーバを保護するための製品
 ○個人ユーザ・SOHO・中小企業向け
  ・Kaspersky Anti-Virus Personal
  ・Kaspersky Anti-Virus Personal Pro

◎ネットワーク全体を保護するための製品
 ○中小企業向け(導入台数250台未満)
  ・Kaspersky Anti-Virus Business Optimal
 ○中堅・大企業向け(導入台数250台以上)
  ・Kaspersky Corporate Suite

 PC向けの製品は、ウイルスから保護したいPCやサーバに個別にインストールし動作させるタイプの製品で、全体を統括管理することなどはできない。一方、下のBusiness OptimalやCorporate Suiteは大規模なマルチプラットフォーム環境のセキュリティを確保するための統合ソリューションであり、付属のAdministration Kitを使っての統合管理が可能だ。

 元々アンチウイルスの「エンジン」開発に特化し、OEM提供を行っていた経緯から、同社は様々な機器、例えばルータやメールゲートウェイ、ファイルサーバ、PDAなどにエンジンを組み込む技術を持っている。統合ソリューションでは、これらを統合管理することも可能であり、これは同社の強みの1つである。

●900を超える圧縮ファイルに対応、1時間に1回パターンファイルを更新

 同社のアンチウイルス製品は、実に900以上ものファイル圧縮の仕組みに対応している。他社がおおよそ20〜50であるのと比べると、圧倒的な数字だ。その背景にあるのは、創業者ユージン・カスペルスキー氏が過去にファイル圧縮の研究をしていたという実績と、アンチウイルス専業ベンダーとしての15年に及ぶ業績だ。

 元々アンチウイルス専業ベンダーであったことのもう1つの強みが、新しいウイルスに対する対応の早さだ。ウイルスに関する世界随一の情報網と技術を持つ同社では、新しいウイルスがネットワークに出回ってから20分程度で、ウイルスを解析し、パターンファイルを作成することができるという。そのため、同社製品では1時間に1回という非常に高頻度なパターンファイルの更新が可能となっている。

【執筆:株式会社アイドゥ 小松信治 http://www.eyedo.jp】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×