迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入(パナソニック ネットワークサービシズ) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入(パナソニック ネットワークサービシズ)

パナソニック ネットワークサービシズ株式会社が運営するISP「hi-ho」は、迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入し、9月20日より、日本国内における携帯電話事業者主要4社(ドコモ、au、Tukaグループ、Vodafone)のユーザー向けに送信される迷惑メール

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パナソニック ネットワークサービシズ株式会社が運営するISP「hi-ho」は、迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入し、9月20日より、日本国内における携帯電話事業者主要4社(ドコモ、au、Tukaグループ、Vodafone)のユーザー向けに送信される迷惑メールの規制を実施すると発表した。同規制方法は、ウイルスや迷惑メール対策として、hi-hoのメールサーバを経由せず、直接インターネット上の外部メールサーバから送信しようとするメールを利用できないよう遮断する技術。同社では、これにより、現在、hi-hoのネットワークから送信されている迷惑メールの約3割を占める携帯電話ユーザー向け迷惑メールを遮断できるとしている。

http://home.hi-ho.ne.jp/news_release/2005/0905.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×