迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入(パナソニック ネットワークサービシズ) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入(パナソニック ネットワークサービシズ)

パナソニック ネットワークサービシズ株式会社が運営するISP「hi-ho」は、迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入し、9月20日より、日本国内における携帯電話事業者主要4社(ドコモ、au、Tukaグループ、Vodafone)のユーザー向けに送信される迷惑メール

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パナソニック ネットワークサービシズ株式会社が運営するISP「hi-ho」は、迷惑メールの規制手法「Outbound Port25 Blocking」を導入し、9月20日より、日本国内における携帯電話事業者主要4社(ドコモ、au、Tukaグループ、Vodafone)のユーザー向けに送信される迷惑メールの規制を実施すると発表した。同規制方法は、ウイルスや迷惑メール対策として、hi-hoのメールサーバを経由せず、直接インターネット上の外部メールサーバから送信しようとするメールを利用できないよう遮断する技術。同社では、これにより、現在、hi-hoのネットワークから送信されている迷惑メールの約3割を占める携帯電話ユーザー向け迷惑メールを遮断できるとしている。

http://home.hi-ho.ne.jp/news_release/2005/0905.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×