本格的コンフィグレーション監査システムが日本上陸 第1回 | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

本格的コンフィグレーション監査システムが日本上陸 第1回

●セキュリティ監査の自動化を促すコンフィグレーション監査システム

特集 特集
●セキュリティ監査の自動化を促すコンフィグレーション監査システム

コンフィグレーション監査システムという、一般にはまだなじみ薄い分野の開拓に、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCSと略)が踏み切ろうとしている。
コンフィグレーション(設定)監査システムとは、具体的にはITシステム上のアクセス権限やシステム設定が、企業の定めた社内規定、セキュリティポリシーに基づいているかどうかを自動的に監査するもので、コンプライアンスの実現を支援するツールである。

KCCSは、システム開発会社である米国Ecora Software(以下、Ecora社と略)との間で、日本における独占販売代理店契約を締結し、Ecoro社が提供するコンフィグレーション監査システム「Ecora Enterprise Auditor」、パッチ管理システム「Ecora Patch Manager」の販売を開始する。

2回連載の第1回目は、Ecora社CEOが語る製品の特長と米国での市場動向を中心にまとめた。

●Ecora社CEOアレックス・バックマン氏へのインタビュー

>>Ecora社の概要と、この事業ドメインを選んだ理由

私は以前「Clever Soft」という会社を興し、アベーラビリティ検査のためのシステムパフォーマンス測定用モニタリングソフトを開発していた。それを通じ、システムダウンがコンフィグレーション(設定)の誤りによって引き起こされる割合が非常に多いことを経験した。つまり、システムの「変更管理」は非常に重要な業務にもかかわらず、その煩雑さゆえ、統制や確認プロセスが未整備で、変更の記録さえまともに取られていないのだ。その割にコスト的にも膨れ上がっているのが現状だった。

1999年に設立したEcora社では、効率的な変更管理に向けての第一歩である設定管理ツールなどを提供中である。スタッフは全世界で200名。米国とヨーロッパにカスタマーオペレーションセンターを持ち、開発は東ヨーロッパで行っている。

【執筆:株式会社アイドゥ 井上きよみ http://www.eyedo.jp】


──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×