ウイルスやスパム対策が社内メールの脅威を見過ごす要因と指摘(クリアスウィフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

ウイルスやスパム対策が社内メールの脅威を見過ごす要因と指摘(クリアスウィフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

英クリアスウィフト社は5月17日、メールに関する失態の記事が増加していることに対し、多くの企業がスパムやウイルスメールの防止に取り組んではいるものの、社内メールの脅威については見過されていることが原因と発表した。2005年になって数ヶ月だというのに、CEOの辞任や保管文書に対する失態、メールの誤送信といった記事が増えており、これはメールの最大の脅威が、実は社内に起因しているという事実を知っている企業が少ないことの表れであるとしている。同社のテクニカル ディレクタであるAlyn Hockey氏は、「メール ポリシーと、高度かつ強力なコンテンツ セキュリティ ソフトウェアを運用すれば、送信および受信メッセージのセキュリティが確保され、組織はこうした大失態の機会を大幅に減らし、ダメージの影響を回避することができるのです。」と述べている。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/index.php?f=050517.dat
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×