サーバ上で迷惑メールを自動判定する「迷惑メール振分サービス」(ソニーコミュニケーションネットワーク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

サーバ上で迷惑メールを自動判定する「迷惑メール振分サービス」(ソニーコミュニケーションネットワーク)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社は5月12日、迷惑メールをサーバ上で自動的に判定・選別してくれる「迷惑メール振分サービス」を6月2日より順次提供すると発表した。利用は無料。本サービスは、全世界153ヶ国120万ユーザ、1,600企業からリアルタイムに収集される迷惑メールを分析したデータに基づいた迷惑メール判定エンジン「Sendmail MailStream Anti-Spam Solution」を採用しているため、ユーザは自ら判定エンジンを学習させる必要がない。特定のメールを迷惑メールと判定させないようあらかじめ設定するパスリスト(判定回避)機能、迷惑メールと判定させるブラックリスト(強制選別)機能(今夏提供予定)などを搭載した。

http://www.so-net.ne.jp/corporation/release/2005/050512.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×