鳥取赤十字病院、小児科の入院患者36人の診療記録がネットに流出 | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

鳥取赤十字病院、小児科の入院患者36人の診療記録がネットに流出

鳥取赤十字病院小児科の入院患者の診療記録(電子カルテ)がインターネット上に流出していることが4月1日までに判明した。流出したのは、気管支ぜんそくや感染症などで入院した10代前半までの子供36人分の診療記録で、氏名、生年月日、診断名、治療計画、検査データなど

製品・サービス・業界動向 業界動向
鳥取赤十字病院小児科の入院患者の診療記録(電子カルテ)がインターネット上に流出していることが4月1日までに判明した。流出したのは、気管支ぜんそくや感染症などで入院した10代前半までの子供36人分の診療記録で、氏名、生年月日、診断名、治療計画、検査データなどの情報が含まれていた。同病院によると、流出の原因は小児科医師の自宅PCがウイルスに感染、データ共有ソフトのネットワーク上にデータが流出した可能性が高いという。この医師は研究目的で自宅PCに患者63人のデータを入力しており、今回流出したのはこのうちの36人分であった。なお、この医師は同病院をすでに退職しており、退職後に情報流出が発生した。


鳥取赤十字病院患者個人情報流出について
http://www.tottori-med.jrc.or.jp/shazai.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×