デジタル医学辞典の海賊版を販売していた男性を書類送検 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

デジタル医学辞典の海賊版を販売していた男性を書類送検

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
    期間限定で格安販売!!  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_netsec
───────────────────────────────────


 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、愛知県察ハイテク犯罪対策室と千種署は11月17日、インターネットオークションサイト「ヤフーオークション」を悪用して、CD-ROM版の医学辞典の海賊版を全国の医師に販売していた東京都東村山市の自営業男性(56歳)を、著作権法違反の疑いで名古屋地検に書類送検した。この男性は、東村山市内の自宅において、(株)南山堂が著作権を持つ「医学英和大辞典CD-ROM版」の海賊版2枚と(株)医学書院が著作権を持つ「医学書院医学大辞典CD-ROM」海賊版1枚を販売目的で所持していたほか、同年6月1日と4日ごろには、長野県の男性に対して、これらの海賊版CD-R各1枚を販売していた。


ACCS:デジタル医学辞典の海賊版を全国の医師に対して販売
http://www.accsjp.or.jp/news/041117.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×