社内ネットワークに存在する弱いパスワードのリアルタイム検出技術を開発(セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

社内ネットワークに存在する弱いパスワードのリアルタイム検出技術を開発(セキュリティフライデー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 セキュリティフライデー株式会社は5月20日、社内のWindowsファイルサーバへのログオンをネットワーク上で監視し、脆弱なパスワードをハッカーより先にリアルタイムで検出する監査技術を開発したと発表した。今回開発した技術は、「1ヶ月程度で暗号が解析されてしまうような弱いパスワードのリストをコンピュータで演算処理した特殊なデータベースを大容量ハードディスクドライブに保有し、監査対象のネットワークから暗号化されたパスワードを取得、特殊データベースを利用して解析することで、弱いパスワードだけをリアルタイムに検出できるというもの」とのこと。この技術を使うことにより、弱いパスワードが使われるとただちに検出し、ネットワーク上を流れるパケットからの検出方式で、ネットワークやシステムへの変更が不要なシステムとして構築することができる。同社では今後、この技術を利用した企業内でのパスワード監査システムを開発、2004年秋を目標に製品化する予定。

http://www.securityfriday.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×