ギガビット対応のWindowsファイルサーバアクセス監視ソフト「VISUACT-G」を発売(セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

ギガビット対応のWindowsファイルサーバアクセス監視ソフト「VISUACT-G」を発売(セキュリティフライデー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 セキュリティフライデー株式会社は、ギガビットネットワークに接続された企業内のWindowsファイルサーバへの社員のアクセスを監視できる情報漏洩対策ソフトウェア「VISUACT-G(ビジュアクト・ジー)」を発売する。本製品は、同社が開発したWindowsネットワーク解析ソフト「VISUACT」の技術を高速化したもので、Windowsファイルサーバへのアクセスパケットをリアルタイムで解析し、どの社員がどのファイルを「読んだ」「書き換えた」といった、アクセスの内容をログファイルに出力するもの。高速フィルタリング機能を搭載しており、ギガビットネットワークでもリアルタイムで解析処理を行うことが可能。価格は1サーバあたり250万円〜700万円。発売は6月。サンプル出荷は5月中旬。

http://www.securityfriday.com/jp/contents/VISUACT-G_20040405.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×