ギガビット対応のWindowsファイルサーバアクセス監視ソフト「VISUACT-G」を発売(セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

ギガビット対応のWindowsファイルサーバアクセス監視ソフト「VISUACT-G」を発売(セキュリティフライデー)

 セキュリティフライデー株式会社は、ギガビットネットワークに接続された企業内のWindowsファイルサーバへの社員のアクセスを監視できる情報漏洩対策ソフトウェア「VISUACT-G(ビジュアクト・ジー)」を発売する。本製品は、同社が開発したWindowsネットワーク解析ソフ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セキュリティフライデー株式会社は、ギガビットネットワークに接続された企業内のWindowsファイルサーバへの社員のアクセスを監視できる情報漏洩対策ソフトウェア「VISUACT-G(ビジュアクト・ジー)」を発売する。本製品は、同社が開発したWindowsネットワーク解析ソフト「VISUACT」の技術を高速化したもので、Windowsファイルサーバへのアクセスパケットをリアルタイムで解析し、どの社員がどのファイルを「読んだ」「書き換えた」といった、アクセスの内容をログファイルに出力するもの。高速フィルタリング機能を搭載しており、ギガビットネットワークでもリアルタイムで解析処理を行うことが可能。価格は1サーバあたり250万円〜700万円。発売は6月。サンプル出荷は5月中旬。

http://www.securityfriday.com/jp/contents/VISUACT-G_20040405.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×