2月のスパムインデックス調査結果を発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

2月のスパムインデックス調査結果を発表(英クリアスウィフト)

 英クリアスウィフトは3月17日、2004年2月度のスパムインデックスを発表した。2月の統計では、ヘルスケア関連のスパムが迷惑メール全体の59%を占めており、9ヶ月前の18%に比べて著しく増加していることが明らかとなった。これは、スパマーが規制の目を逃れるルートを

製品・サービス・業界動向 業界動向
 英クリアスウィフトは3月17日、2004年2月度のスパムインデックスを発表した。2月の統計では、ヘルスケア関連のスパムが迷惑メール全体の59%を占めており、9ヶ月前の18%に比べて著しく増加していることが明らかとなった。これは、スパマーが規制の目を逃れるルートをたくみに利用するようになったことを示しているとのこと。その他の内訳はポルノ関連が13.6%、ダイレクトメールが11%、金融関連が10.8%、ギャンブル関連が1%、その他が4%。この調査により、バイアグラやバリウム、プロザックといった薬物の販売チャネルとしてWebが利用されるケースが増えているという国連の懸念を裏付ける結果となった。さらに今年の3月はスパムメールが登場して10周年を記念して、Usenetニュースグループには各州で宝くじを開催しようとの呼びかけも見られている。クリアスウィフトではインターネットによる処方箋薬の販売を禁止するという国連の呼びかけを支持している。

http://www.clearswift.co.jp/news/press_040317.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×