テキサス大学M.D. Anderson癌センターが「RSA SecurID」を採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

テキサス大学M.D. Anderson癌センターが「RSA SecurID」を採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは1月12日、テキサス大学M.D. Anderson癌センターが「RSA SecurID」二要素認証ソリューションを採用したと発表した。「RSA SecurID」は同センターのVPNに組み込まれ、RSA SecurIDの認証トークンによって、いつでもどこでも高速かつ安全に、保護された医

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは1月12日、テキサス大学M.D. Anderson癌センターが「RSA SecurID」二要素認証ソリューションを採用したと発表した。「RSA SecurID」は同センターのVPNに組み込まれ、RSA SecurIDの認証トークンによって、いつでもどこでも高速かつ安全に、保護された医療情報へのリモート・アクセスを実現した。また、RSA SecurIDは、「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA: Health Insurance Portability and Accountability Act)」標準への準拠についても大きな役割を果たしている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200401121.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×