総合医療団体Sharp HealthCareが「CAM:Websense Enterprise Client Application Manager」を採用したと発表(米Websense) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

総合医療団体Sharp HealthCareが「CAM:Websense Enterprise Client Application Manager」を採用したと発表(米Websense)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Websense社は、米国サンディエゴ市の総合医療団体Sharp HealthCareが、安全なコンピューティング環境の確立と患者の個人健康情報の漏洩を防ぐために、同社のセキュリティ管理ソフト「Websense Enterprise Client Application Manager(CAM)」を採用したと発表した。Sharp HealthCareはCAMを同団体の8,000台に及ぶ端末に導入することで、患者プライバシーおよびセキュリティを実現した。CAMは、同社が得意とするURL分類およびフィルタリング機能をデスクトップ・アプリケーションや実行可能ソフトウェアにも拡張したもので、オンライン、オフラインの両方で、複合的な脅威、悪意のあるソフトウェア、ウイルスの発生、スパイウェア、ピア・ツー・ピアによるアプリケーション、インスタント・メッセージング、従業員によるハッキング等に対する強力なセキュリティレイヤーをディスクトップPCに追加するもの。

http://www.websense.com/company/news/pr/Display.php?Release=031222534
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×