Linux GUIを使ったシステム管理入門(4) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.21(月)

Linux GUIを使ったシステム管理入門(4)

特集 特集

●パーミッションの操作

 前回まで、ユーザ管理をGUIツールでどこまでできるかを見てきた。処理が非常に分かりやすくなっていることが実感できただろうか。もちろん、マウス操作が中心となるGUIの得意分野ではあるが、機能面から見てもコマンドラインからの管理と遜色はないはずだ。単調なターミナルの画面に比べると、操作ミスが格段に減少すると思う。

 さて、前回ユーザグループの活用の話に関連し、ユーザの権限、パーミッションについて触れた。そこで、そのパーミッションをGUIで操作する方法について説明しておこう。

 パーミッションの設定は、セキュアな環境構築のベースともなるところである。
 一般に、Linuxのファイルやディレクトリには、「読み取り(r)」「書き込み(w)」「実行(e)」という属性(パーミッション)が設定されていることはご存知だろう。これらの属性は、「ファイルの所有者(オーナー)」「ファイルの所有グループ」「その他」について、それぞれ設定されている。これらを組み合わせることで、ファイルやディレクトリへのアクセスを細かくコントロールすることができるわけだ。

 例えば、所有者だけがファイルの変更(書き込み)が可能で、所有者と同じグループに属するユーザは読み取りのみ、それ以外のユーザは読みとりもできない、といった設定をすることができる。グループの活用のところで述べた、同じプロジェクトに所属するユーザのみが、指定されたディレクトリに保存されたファイルを読み書きできるといった設定は、プロジェクト用に作ったグループに書き込み・読みとり可能な権限を持たせ、所属ユーザの全アカウントのグループとするよう設定する。実際の設定では、対象ディレクトリのグループを変更し、書き込みパーミッションも修正する必要がある。

 こういった作業をコマンドラインから行うには、複数のコマンドを使いこなさなければならない。グループの変更にはchgrpコマンドを、パーミッションの変更にはchmodコマンドを使う。また、パーミッションの状態は、lsコマンドに-lオプションを付けて実行すると確認できる。次に示すのは簡単な例だ。

#ls -l
(略)
drwx─── 3 test2 test2 4096 9月 29 18:22 Desktop
-rwxr-xr-x 1 test2 test2 136672 5月 9 09:33 screenshot-0001.png
-rwxr-xr-x 1 test2 test2 128786 5月 9 09:33 screenshot-0002.png
-rwxr-xr-x 1 test2 test2 99889 5月 9 09:33 screenshot-0003.png
-rw-rw-r─ 1 test2 test2 326 10月 8 13:20 test.txt
#

 先頭部分がパーミッションを表す。1番目を除いて全部で9文字、3つでひとまとりとなり、左から順に「所有者」「所有グループ」「その他」となっている。「-」の部分は、許可されていないことを示している。上記の例の場合、test.txtは「rw-rw-r─」なので、「所有者」「所有グループ」が変更可能、「その他」は読み取りのみ可能、ということになる。ちなみに「d」はディレクトリのことだ。
 chgrpコマンドとchmodコマンドは次のように利用する。

#chgrp [グループ名] [対象ディレクトリ/ファイル]

#chmod [アクセスモード] [対象ディレクトリ/ファイル]

 chmodコマンドの「アクセスモード」とは、「読み取り」「書き込み」「実行」の設定を表すシンボル(rwx)あるいは数値(755、666など)のことである。
 一般的によく使われているのは数値を使った方法だ。簡単に言うと、読み取り=4、書き込み=2、実行=1とそれぞれに数値が割り当てられており、この数値を足した数が権限になるというものである。例えば、「読み取り」「書き込み」が可なら「6」、さらに実行も可なら「7」になる。この数値を「所有者」「所有グループ」「その他」の順に指定する。


【執筆:磯野康孝】

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第1回「プロローグ」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  10. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×