インターネットVPNを使った遠隔医療システムの販売を開始(ヒューコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

インターネットVPNを使った遠隔医療システムの販売を開始(ヒューコム)

 株式会社ヒューコムは、医療用機器の販売や医療画像ネットワークシステムの構築などを手掛けるエルクコーポレーションと共同で、インターネットVPNを使ったセキュアな遠隔医療システムの販売を開始した。同システムは、X線CTやMRIデータの配信を行う画像データ配信装置

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ヒューコムは、医療用機器の販売や医療画像ネットワークシステムの構築などを手掛けるエルクコーポレーションと共同で、インターネットVPNを使ったセキュアな遠隔医療システムの販売を開始した。同システムは、X線CTやMRIデータの配信を行う画像データ配信装置「AquariousNET(アクエリアスネット)」と、専用ASICを搭載した高速VPNファイアウォール「WatchGuard Vclass(ウォッチガードブイクラス)」を組み合わせたもので、昨年から性能評価実験を行っていたものと同様。インターネットを使った遠隔医療の必要条件とされているセキュリティの確保とストレスのないパフォーマンスの両方を確認できたとして、今回販売を開始した。

http://www.hucom.co.jp/news/HMNR-0302.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×