ピッツバーグ大学医療センターがRSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

ピッツバーグ大学医療センターがRSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは3月24日、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)がRSA SecurID二要素認証を組み込んだUPMC仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を導入したと発表した。これにより、レントゲン写真、検査結果、患者記録のネットワーク上での閲覧が実現し、スタッフお

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは3月24日、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)がRSA SecurID二要素認証を組み込んだUPMC仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を導入したと発表した。これにより、レントゲン写真、検査結果、患者記録のネットワーク上での閲覧が実現し、スタッフおよび医師の生産性を向上させながら、患者データの保護と安全なアクセスを実現させた。また、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律、HIPAAのセキュリティ標準への準拠が可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200303241.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×