ピッツバーグ大学医療センターがRSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.01.19(水)

ピッツバーグ大学医療センターがRSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは3月24日、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)がRSA SecurID二要素認証を組み込んだUPMC仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を導入したと発表した。これにより、レントゲン写真、検査結果、患者記録のネットワーク上での閲覧が実現し、スタッフお

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは3月24日、ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)がRSA SecurID二要素認証を組み込んだUPMC仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を導入したと発表した。これにより、レントゲン写真、検査結果、患者記録のネットワーク上での閲覧が実現し、スタッフおよび医師の生産性を向上させながら、患者データの保護と安全なアクセスを実現させた。また、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律、HIPAAのセキュリティ標準への準拠が可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200303241.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×