要対処!Microsoft SQL Server 2000 ねらうワーム "Slammer"(更新情報) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

要対処!Microsoft SQL Server 2000 ねらうワーム "Slammer"(更新情報)

脆弱性と脅威 脅威動向

 先日、広範囲に渡る被害が報告されたワーム "Slammer" 。Microsoft SQL Server 2000 の既知の脆弱性(MS02-039)をねらうこのワームに対し、ベンダ各社が無償駆除ツールの提供などにより、対応をすすめている。今日にかけて、いくつかの情報更新が行われた。

 このワームは UDP1434ポートを使用して、Microsoft SQL Server 2000に対する攻撃を実施する。また、SQLの技術を利用するMicrosoft Desktop Engine(MSDE) 2000にも同様の脆弱性があるため、同様の攻撃を実施する。成功するとそのホストに感染する。感染した後は、ランダムに新しいIPアドレスを作成し、攻撃を開始する。このワームは、ファイルの作成・コピーなどを行わず、直接メモリ上で不正コードが実行される。そのため、リブートすることで感染そのものを除去することも可能である。また、一時的な回避方法として、UDP1434ポートへのアクセスを遮断する方法がある。ただし、これらは一時的な回避、対策方法であり、脆弱性への対処をしないと、再度攻撃を受けて感染する可能性が高い。

 このワームは、大量のパケットを UDP1434 ポートに送信するため、トラフィックが急増している。



>> ベンダ各社の対応状況

▼トレンドマイクロ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_SQLP1434.A

無償駆除ツールのダウンロードURL
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=4700

▼シマンテック
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.sqlexp.worm.html

無償駆除ツールのダウンロードURL
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.sqlexp.worm.removal.tool.html
脆弱性についての情報
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/security/content/2270.html

▼日本ネットワークアソシエイツ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=W32/SQLSlammer.worm

無償駆除ツールのダウンロードURL
http://www.nai.com/japan/virusinfo/stinger.asp
SQLSlammerに関するストリーミングセミナー
http://www.nai.com/japan/mcafee/seminar_virusinternet.asp
ウイルス絵解き理解
http://www.nai.com/japan/virusinfo/viruscartoon.asp?ViruGazoMokujiNo=8

▼日本エフ・セキュア
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/slammer.htm

▼インターネット セキュリティ システムズ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.isskk.co.jp/support/techinfo/general/X-ForceslammerWorm.html

▼Sophos
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32sqlslama.html

▼マイクロソフト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/virus/sqlslam.asp


□関連情報

MS内のサーバも「対策する時間がなく」Slammerによってダウン
http://www.securitynewsportal.com/cgi-bin/cgi-script/csNews/csNews.cgi?database=JanV%2edb&command=viewone&id=78&op=t

インターネット保安措置しなければ「処罰」
Slammer 蔓延の原因は、不法コピー製品!?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/01/27/20030127000033.html

「ウイルス侵入」11の海外アドレスを確保
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/01/27/20030127000065.html

「インターネット事態」PL訴訟可能に
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/01/27/20030127000055.html

eEyeがSlammerのスキャナを無償で提供
http://www.eeye.com/html/Research/Tools/SapphireSQL.html


SQL Server のユーザーグループ、
PASSJより「SQL Slammer ワーム」特設ページ開設のお知らせ
===================================

SQL Serverユーザーグループ(PASSJ)では、今回さまざまな被害を起こした
「SQL Slammer ワーム」に関する特設ページを開設いたしました。

* 「SQL Slammer ワーム」特設ページ
http://www.sqlpassj.org/info/slammer.aspx

基本的なワーム情報だけでは現場のユーザには、不十分であると考え、「セキュリティ分科会」を中心に問題の背景や、関連する情報、考えられる問題点、修正プログラムの解析など広く、深く情報交換を行っています。それらを元に随時を更新していますので、ぜひご覧下さい。

* SQL Server に関する脆弱性、セキュリティに関してのテーマを扱う、
「セキュリティ分科会」過去ログページ
http://www.sqlpassj.org/bbs/ml_disp.aspx?forum_id=2&disp_mode=4


>> 脆弱性に関する情報

  http://www.cert.org/advisories/CA-2002-22.html
  http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/MS02-039ov.asp
  http://www.nextgenss.com/advisories/mssql-udp.txt
  http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS02-039.asp
  http://www.jpcert.or.jp/at/2003/at030001.txt


□参考情報

シスコ社の製品の一部にも Microsoft SQL Server 2000 が含まれているため対処が必要
Cisco Security Advisory:
Microsoft SQL Server 2000 Vulnerabilities in Cisco Products - MS02-061
http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-sa-20030126-ms02-061.shtml

Analysis of Sapphire SQL Worm
http://www.techie.hopto.org/sqlworm.html

http://archives.neohapsis.com/archives/ntbugtraq/2003-q1/0015.html

Retina Sapphire SQL Worm Scanner from eEye Digital Security
http://www.eeye.com/html/Research/Tools/SapphireSQL.html

SQL Sapphire Worm Analysis:
http://archives.neohapsis.com/archives/ntbugtraq/2003-q1/0015.html

Re: W32/SQLSlammer PACKET CAPTURE
http://archives.neohapsis.com/archives/ntbugtraq/2003-q1/0016.html

New MS SQL Server Worm:
http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/ml-archive/incidents/2003.01/msg00119.html
http://www.digitaloffense.net/worms/mssql_udp_worm/

BUGTRAQ
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0301/238.html


「バガボンド プレスクラブ」に会員登録されている方は、今回の記事の
 内容を会員規約にのっとった形式で、無償でご自由に転載できます。
「バガボンド プレスクラブ」ご入会は下記URLで受け付けております。
イントラネット向け転載
http://vagabond.co.jp/press_y/index.html
媒体社向け転載
http://vagabond.co.jp/press/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  5. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  7. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  9. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  10. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×