マクロメディア社がMicrosoft MDACオーバーフローについてユーザーに警告 | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

マクロメディア社がMicrosoft MDACオーバーフローについてユーザーに警告

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マクロメディア社では、ユーザーに対して同社の製品であるColdFusionとColdFusion MXサーバーの旧バージョンで、マイクロソフト製品Data Access Components(MDAC)の旧バージョンが使用されている可能性があり、この

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マクロメディア社では、ユーザーに対して同社の製品であるColdFusionとColdFusion MXサーバーの旧バージョンで、マイクロソフト製品Data Access Components(MDAC)の旧バージョンが使用されている可能性があり、このMDACのRemote Data Services内にあるData Stub関数にリモートで悪用される危険性のあるバッファオーバーフローが含まれているため、注意を呼びかけている。Data Stub機能を悪用するには、攻撃者はIISウェブサーバーに、Content-Typeパラメータの長い文字列が含まれるPOSTリクエストを送信する。この結果、関連するバッファがオーバーランし、ヒープメモリーのさまざまな部分が上書きされる。メモリー内の特定関数ポインタを上書きすることにより、IISプロセスを強制終了したり、スレッドが終了する前にリモートプロセス内でコードを実行したりすることができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【10:19 GMT、11、26、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×