オープンソースのファイアウォール/IDS codeseekerが近く登場 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

オープンソースのファイアウォール/IDS codeseekerが近く登場

 Butterfly Securityは11月19日、CodeSeekerをOWASPにアップした。  CodeSeekerは、Windows NT、SolarisとLinuxで動作するオープンソースのアプリケーション・ファイアーウォールおよび侵入検出システムだ。TCP/IPスタックからHTTPトラフィックを途中で捕捉し、そのト

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Butterfly Securityは11月19日、CodeSeekerをOWASPにアップした。
 CodeSeekerは、Windows NT、SolarisとLinuxで動作するオープンソースのアプリケーション・ファイアーウォールおよび侵入検出システムだ。TCP/IPスタックからHTTPトラフィックを途中で捕捉し、そのトラフィックが合法的であるか、悪意があるかをセキュリティルールのセットを用いて決定する。
 CodeSeekerは、コネクターとコンソールの2つのコンポーネントから成り立ち、コネクターはコンセプトでJavaアプリケーションサーバーコネクターに類似している。これらは実際に取り込むか、あるいはトラフィックをふさぐWebサーバとコンポーネント上にインストールする「エージェント」となっている。コネクターはホストとしてIPスタックの中に埋め込まれ、高いバンド幅でトラフィックの解析が可能だ。また、プロクシにおいて、SSLトラフィックを点検することもできる。
 コンソールは、さまざまなポリシーを作成し、使用環境で管理しているコネクターに適用する機能を持つ。ポリシーはJavaで書かれており、多くのOSからコンソールを参照し、管理することが可能だ。また、警告をモニターし、詳細なレポートを生成、さまざまな環境からコンソールにアクセスしてレポートを確認できる。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×