セキュリティ関連企業がWindows 2000 RPCのセキュリティ問題を確認 | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

セキュリティ関連企業がWindows 2000 RPCのセキュリティ問題を確認

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Immunity社が、マイクロソフト社のWindowsにあるRPC(リモートプロシージャの呼び出し)サービスにセキュリティ問題が存在すると発表した。Immunityでは、Spike 2.7脆弱性のテスターがRPC要求に対するWindows 2000 シ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Immunity社が、マイクロソフト社のWindowsにあるRPC(リモートプロシージャの呼び出し)サービスにセキュリティ問題が存在すると発表した。Immunityでは、Spike 2.7脆弱性のテスターがRPC要求に対するWindows 2000 システムの応答の停止や要求のクリッピングを発生させることに成功したと発表した。これは、サービスパック3を適用したWindows 2000 システムでも同様であった。Windowsシステムを保護する場合、可能ならばポート135?139をブロックするべきである。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:36 GMT、10、21、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×