WindowsのバグがEXECUTE権限なしで16ビットアプリケーションを起動 | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

WindowsのバグがEXECUTE権限なしで16ビットアプリケーションを起動

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows 2000オペレーティングシステム上では、16ビットアプリケーションが権限の有無に関係なく実行されることを防止できないと報告されている。問題は、16ビットの実行ファイルが16ビットのプロ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows 2000オペレーティングシステム上では、16ビットアプリケーションが権限の有無に関係なく実行されることを防止できないと報告されている。問題は、16ビットの実行ファイルが16ビットのプログラムによって読み込まれた場合、最初にNTローダーからEXECUTE権限を取得せずにNTVDMによってファイルが直接開かれてしまうことにある。マイクロソフト社は、今後リリースされるWindows 2000 Service Pack 4でこの問題を修正すると発表した。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【23:25 GMT、09、22、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×