WindowsのバグがEXECUTE権限なしで16ビットアプリケーションを起動 | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

WindowsのバグがEXECUTE権限なしで16ビットアプリケーションを起動

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows 2000オペレーティングシステム上では、16ビットアプリケーションが権限の有無に関係なく実行されることを防止できないと報告されている。問題は、16ビットの実行ファイルが16ビットのプロ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフト社のWindows 2000オペレーティングシステム上では、16ビットアプリケーションが権限の有無に関係なく実行されることを防止できないと報告されている。問題は、16ビットの実行ファイルが16ビットのプログラムによって読み込まれた場合、最初にNTローダーからEXECUTE権限を取得せずにNTVDMによってファイルが直接開かれてしまうことにある。マイクロソフト社は、今後リリースされるWindows 2000 Service Pack 4でこの問題を修正すると発表した。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【23:25 GMT、09、22、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×