患者データのWebアクセス管理として RSA ClearTrust を採用(米RSA Seurity) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

患者データのWebアクセス管理として RSA ClearTrust を採用(米RSA Seurity)

 米RSA Seurityは7月22日、ガイジンジャー・ヘルス・システムが行う患者データのWebアクセスに、Webアクセス管理製品「RSA ClearTrust」が採用されたと発表した。ガイジンジャーでは、ヘルスケア・プロバイダや患者向けのポータルサイトにて情報を提供している。同製品

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Seurityは7月22日、ガイジンジャー・ヘルス・システムが行う患者データのWebアクセスに、Webアクセス管理製品「RSA ClearTrust」が採用されたと発表した。ガイジンジャーでは、ヘルスケア・プロバイダや患者向けのポータルサイトにて情報を提供している。同製品の導入により、管理者はユーザアクセスを特定のWebページに指定することなどが可能。また、ネットワークに入る際には、二要素ユーザ認証製品「RSA SecurID」により、詳細な監査記録や誰がログインしたかを監視することができる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200207221.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×