ロシア人ハッカー、米国の銀行に不正侵入(モスクワ警察) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

ロシア人ハッカー、米国の銀行に不正侵入(モスクワ警察)

 Nikolaiと名乗るシベリア在住のロシア人ハッカーが1月15日、米国のインターネット銀行Online Resources(本社、ニューヨーク)のウェブサーバに不正侵入し、且つ恐喝した疑いで逮捕された。モスクワ警察が明らかにしたところによると、Nikolai容疑者は同銀行のネットワ

国際 海外情報
 Nikolaiと名乗るシベリア在住のロシア人ハッカーが1月15日、米国のインターネット銀行Online Resources(本社、ニューヨーク)のウェブサーバに不正侵入し、且つ恐喝した疑いで逮捕された。モスクワ警察が明らかにしたところによると、Nikolai容疑者は同銀行のネットワークに不正侵入し、1万ドルを同容疑者に払わなければ口座情報を公開すると脅した。実際、同容疑者がインターネットで1500人の口座情報を公開したため、銀行は昨年(2001年)12月に同容疑者の要求を受け入れ、1万ドルを支払ったという。モスクワ警察が同容疑者の電子メールIPアドレスから跡を辿ってシベリアの自宅を特定した。同容疑者は現在、拘置されており恐喝罪に問われる見通しだ。有罪が確定した場合、最高で15年の禁固刑に処される。

 モスクワ警察のコンピュータ犯罪対策班の広報担当者によると、Nikolai 容疑者は21歳の大学中退者で、自宅のコンピュータからニューヨークの銀行に不正侵入したという。

[翻訳:関谷 麻美]
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×