62ヶ国のウェブサイトを荒らしたハッカー集団を逮捕(イタリア) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

62ヶ国のウェブサイトを荒らしたハッカー集団を逮捕(イタリア)

 イタリア警察が1月14日に発表したところによると、62ヶ国の何百というホームページを反グローバリゼーションのスローガンに置き換えた容疑でハッカー集団"Hi-Tech Hate" のメンバー6名を逮捕した。彼らは、15歳から23歳までの学生だった。同集団の攻撃は、昨年(2001年

国際 海外情報
 イタリア警察が1月14日に発表したところによると、62ヶ国の何百というホームページを反グローバリゼーションのスローガンに置き換えた容疑でハッカー集団"Hi-Tech Hate" のメンバー6名を逮捕した。彼らは、15歳から23歳までの学生だった。同集団の攻撃は、昨年(2001年)7月ジェノバで開催されたG8 サミット期間中に始まった。しかし、大きな金銭的損失をもたらさなかったため、彼らに科せられる量刑はそう厳しいものではない、というのが大方の見方だ。

 米国では、ペンタゴンやNASA そしてハーバード大学、コロンビア大学など多数の大学が同グループの被害に遭った。また欧州や南アフリカの政府機関ウェブサイトも攻撃を受けた。イタリアでは、厚生省、国防省、複数のメディア機関、左翼民主党、インターネット・プロバイダなどが被害に遭った。

 捜査は技術犯罪対策本部が担当し、8月頃から進められた。捜査を担当したGiancarlo Samele 氏は「このハッカー集団が攻撃したサイト数の多さは、過去の同様の事件と比べ群を抜いている。しかし、金銭的損失を伴う被害は、殆ど報告されておらず、そう悪質な攻撃ではない」と述べている。有罪が確定した場合、最高で3年の禁固刑に処される予定だ。しかし、逮捕されたメンバー全員に前科がなかったことから、執行猶予がつくだろうと付け加えた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×