米国CERTのウェブサイトがDDoS攻撃を受ける | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

米国CERTのウェブサイトがDDoS攻撃を受ける

概要:
 カーネギーメロン大学の米国コンピューター緊急応答チーム(CERT)のコーディネーションセンターは12月4日、サービス妨害(DDoS)攻撃を受けた事を確認した。この攻撃は、Goner.Aワームが25ヶ国に広がり1日で少なくとも100,000台のコンピュータに感染したのと同日で

国際 海外情報
概要:
 カーネギーメロン大学の米国コンピューター緊急応答チーム(CERT)のコーディネーションセンターは12月4日、サービス妨害(DDoS)攻撃を受けた事を確認した。この攻撃は、Goner.Aワームが25ヶ国に広がり1日で少なくとも100,000台のコンピュータに感染したのと同日である。CERTの報道官は、詳細な情報は発表できないとしているが、サービス停止とGoner A.ワームに関連性がない事を発表している。

情報ソース:
Newsbytes 2001年11月04日
http://www.newsbytes.com/news/01/172687.html

分析: (iDEFENSE米国)
 CERTは攻撃対象になることが多く、本年5月も数日間、攻撃によるサービス停止が発生している。

 米国FBIのNIPC (全国インフラ保護センター)は、11月2日に全土のコンピュータネットワークに対するDDoS攻撃が増加傾向にあるという警告を出している。特定された攻撃者や、特に利用されている脆弱性の傾向などはないが、国防総省を攻撃対象にした反米感情を持つグループではないかと推測され、9月11日の対米テロよりなお大きな脅威が有得ると警戒を強めている。CERTのウエブhttp://www.cert.orgは12月5日GMT5:30現在、稼動しているが、接続し難い状況が続いている。


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【12:51 GMT、12、06、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×