米国CERTのウェブサイトがDDoS攻撃を受ける | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

米国CERTのウェブサイトがDDoS攻撃を受ける

国際 海外情報

概要:
 カーネギーメロン大学の米国コンピューター緊急応答チーム(CERT)のコーディネーションセンターは12月4日、サービス妨害(DDoS)攻撃を受けた事を確認した。この攻撃は、Goner.Aワームが25ヶ国に広がり1日で少なくとも100,000台のコンピュータに感染したのと同日である。CERTの報道官は、詳細な情報は発表できないとしているが、サービス停止とGoner A.ワームに関連性がない事を発表している。

情報ソース:
Newsbytes 2001年11月04日
http://www.newsbytes.com/news/01/172687.html

分析: (iDEFENSE米国)
 CERTは攻撃対象になることが多く、本年5月も数日間、攻撃によるサービス停止が発生している。

 米国FBIのNIPC (全国インフラ保護センター)は、11月2日に全土のコンピュータネットワークに対するDDoS攻撃が増加傾向にあるという警告を出している。特定された攻撃者や、特に利用されている脆弱性の傾向などはないが、国防総省を攻撃対象にした反米感情を持つグループではないかと推測され、9月11日の対米テロよりなお大きな脅威が有得ると警戒を強めている。CERTのウエブhttp://www.cert.orgは12月5日GMT5:30現在、稼動しているが、接続し難い状況が続いている。


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【12:51 GMT、12、06、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×