偽のMicrosoft社セキュリティ警告サービスに潜むウイルス(Symantec社) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

偽のMicrosoft社セキュリティ警告サービスに潜むウイルス(Symantec社)

 ウイルス対策の専門家が7月11日、Microsoft社からのパッチを装ったプログラムに関する警告を発した。そのプログラムには、危険なインターネットワームLeave.Bの変種が含まれている。7月7日に配布された偽のMicrosoftセキュリティ警告サービスは、Microsoft社の正式なア

国際 海外情報
 ウイルス対策の専門家が7月11日、Microsoft社からのパッチを装ったプログラムに関する警告を発した。そのプログラムには、危険なインターネットワームLeave.Bの変種が含まれている。7月7日に配布された偽のMicrosoftセキュリティ警告サービスは、Microsoft社の正式なアドバイザリーの書式を真似て文書の削除やPCのBIOSを破壊する恐れのあるワームについて警告した。偽の文書にはハイパーリンクが示されており、そのアドレスのサイトに行ってパッチをダウンロードしインストールするよう勧告している。しかし、ユーザがその偽のパッチをダウンロードすると、悪質なハッカーがそのPCにトロイの木馬ウイルスをインストールし、サービス使用不能(DoS)攻撃を実行する恐れがあるのだ。

 Symantec社の研究主任Eric Chien氏はそのウイルスに関し「leave.Bワームの変種だが、既に適切な予防措置を講じている企業にとっては、そう深刻な脅威ではない。しかし、ホームユーザやSOHOユーザなどウイルス対策ソフトをインストールしていないユーザにとっては、脅威となり得るだろう」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×