企業が投じるセキュリティ費用、2011年には10倍(Gartner社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

企業が投じるセキュリティ費用、2011年には10倍(Gartner社)

国際 海外情報

 市場調査会社Gartner社が企業のサイバーセキュリティ対策に投じる費用について調査を行い、その報告書が6月11日に発表された。それによると、2011年のセキュリティ費用は今年(2001年)の約10倍に膨れ上がるという。今年、企業が情報セキュリティに計上する費用は収益の0.4%程度だが、2011年には収益の4%に達する見通しだ。尚、企業が機密情報を防護する費用としては、人件費、ハードウェア費、ソフトウェア費、外部委託サービス費、物理的なセキュリティ措置費などが挙げられる。同社の調査責任者Roberta Witty氏は、2004年までに5社のうち4社がビジネスの重要部分としてインターネットを使用すると予測し、そして、少なくとも半数の企業は、インターネットのセキュリティ脅威から深刻な財政上の損失を被ることになると警告した。

 Computer Security Institute(CSI) 社が今年の初めに発表した報告書(186社を対象)によると、コンピュータ犯罪による企業の平均損失額は200万ドル。またコンピュータウイルスが企業にとって最も共通したインターネット脅威であり、損失額全体の約半分は企業秘密の窃盗によるものだった。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×