【Windows 95は危険なのか】(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

【Windows 95は危険なのか】(執筆:office)

特集 特集

 最近のWindows 2000の売上不振から、MicrosoftはWindows 95, Windows 98, Windows NTからWindows 2000への移行を顧客に勧めている[1][2]。それらの売り文句にはWindows 95は脆弱だというせりふも聞かれるようだ。最近に限らず、Windows 95はセキュリティなどないと言われる機会が多かったが、これは本当なのだろうか?

[OSとしてのセキュリティ]

 Windows 95やその後継のWindows 98, SE, MEにはOOBバグを始めとする、DoS attackと呼ばれる攻撃についての脆弱性が発見されてきた。これらの攻撃はアプリケーションやOSをフリーズさせることができる。しかしデータを書き換えたり盗んだりできる訳ではなく、せいぜい被攻撃時に作成中のデータが失われるだけで、致命的な被害を受けるわけではない。また、これらの脆弱性に対しては全てマイクロソフトから対策用プログラム(patch)が出されていて防御することができる[3]。

 Windows 95やその後継機種にこの類の脆弱性が今後発見される可能性は、元々OSが持っている機能が少ないことと、今まで十分不具合が検討し尽くされてきたことから、その頻度は非常に少ないと期待されている。一方Windows2000には未だに多くのバグが報告され続けている。またその日本語版用対策プログラムが提供される時期が英語版に比べてかなり遅れることから、Windows2000の方がWindows95よりも長い期間危険にさらされることになる。

 Windows NTやWindows 2000について報告されているセキュリティホールのかなりの割合がIISに関連したものだ。IISはもちろん標準で付属しているWebサーバ機能だ。Windows NTに限らず、LinuxやFree BSD等で報告されてきたセキュリティホールのかなり多くの割合はそのサーバ機能に関連したものである。
セキュリティの鉄則として、使わないサーバ機能は停止させることが言われているがこのことにも由来する。またサーバ機能に関する各種の設定やバグ対策は手間がかかって維持が大変であるし、また複雑な設定ゆえに間違いが起こってセキュリティホールとなりやすい。

 一方Windows 95やその後継OSは基本的にクライアントマシン用のOSである。
クライアントマシンとは他のサーバマシンが提供している様々なサービスを利用するだけの働きしかないと言ってよい。そのため機能は非常に限定されており、不特定のマシンからアクセスできるようなport(アクセスするための入口)はほとんど開いていない。従って脆弱性が発生する機能そのものがほとんど無い。

 これらWiindows 95系のOSが唯一提供しているサーバ機能は、所謂「共有」(NetBIOS)である。すなわちデスクトップの「ネットワークコンピュータ」から他マシンのディレクトリやファイルを共有したりする機能である。この機能は設定ミスによるセキュリティホールが非常に発生しやすく、また脆弱性もいくつか報告されている。今年の10月にもこのパスワード機能が事実上無意味でしかないという大きな欠陥が発見された[4]。この脆弱性に対しては対策プログラムがマイクロソフトから提供されている。

 共有機能の設定はパソコンの各ユーザが自身で容易に変更でき、そのためにファイルが想定外の人からアクセスできるようになってしまう危険性が非常に高い。ファイルサーバとのファイルのやりとりは、共有ではなくFTPなどを用いてファイルサーバの管理者が集中的にファイルのアクセス権を管理した方がよい。また、この共有機能を使うのならファイヤーウォールで守られたイントラネット内だけで用い、またTCP/IP上のNetBIOS機能ははずすのがよい。(各マシンのコントロールパネルから設定できる)

office
academic office
http://www.office.ac/

[1] http://www.zdnet.co.jp/news/0012/18/e_mslicense.html
[2] http://japan.cnet.com/News/2000/Item/001216-2.html
[3] http://www.microsoft.com/japan/security/default.asp?sel_id=003
[4] http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS00-072


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/scan/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  5. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  7. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第1回「プロローグ」

  8. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  9. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×