Java仮想マシンのサンドボックスにセキュリティホールがあると発表(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Java仮想マシンのサンドボックスにセキュリティホールがあると発表(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、IE 4.0および5.0に付随のバージョンの
「Microsoft VM」に、Javaアプレットがサンドボックスによって設定された境界外で動作して、ユーザーのコンピュータ上のファイルを読み取ることが可能になるようなセキュリティ上の問題があることが発見されたと発表した。このようなアプレットがWebサイト上でホストされていた場合、サイトを訪れた
ユーザーのコンピュータ上のファイルを読み取ることが可能となる。この問題は日本国内で最初に発見されたため、同社では現在米国本社で調査を進めているとのこと。当面の回避策としては、この問題の発生する可能性のある 「インターネット」ゾーンのセキュリティに設定において、「Javaの許可」を無効にするよう推奨している。

http://www.microsoft.com/japan/security/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×