2018年1月のScan BASIC 会員限定記事 | ScanNetSecurity
2020.02.21(金)

2018年1月のScan BASIC 会員限定記事

学内メールの転送先アカウントに不正アクセス、個人情報が漏えい(滋賀県立大学) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

学内メールの転送先アカウントに不正アクセス、個人情報が漏えい(滋賀県立大学)

公立大学法人滋賀県立大学は1月24日、不正アクセスにより同大学の個人情報が漏えいしたことが判明したと発表した。

ランサムウェア開発者のライフスタイル:メールインタビュー結果 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

ランサムウェア開発者のライフスタイル:メールインタビュー結果

McAfee社チーフサイエンティスト兼フェローのラージ・サマニ(Raj Samani)氏は2017年11月、同社主催のイベントに登壇し、法執行機関とセキュリティベンダの協力事例を紹介した。

[セキュリティ ホットトピック] その後を変えた2017年の三つのセキュリティの出来事 画像
特集 冨岡 晶( Akira Tomioka )

[セキュリティ ホットトピック] その後を変えた2017年の三つのセキュリティの出来事

2018年は、こうした動きを受け、「ランサムウェアの危険の再認識」「教育機関のセキュリティ強化」「個人情報に対する意識向上」が進むと考えられます。

盗んだ個人情報でアカウントを作成する犯罪者、ここ2年で8千万件(スレットメトリックス) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

盗んだ個人情報でアカウントを作成する犯罪者、ここ2年で8千万件(スレットメトリックス)

スレットメトリックスは、ThreatMetrix「サイバー犯罪報告書2017: 2017年の振り返り」を公表した。

インシデント報告件数は前四半期から横ばい、「Webサイト改ざん」は減少(JPCERT/CC) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

インシデント報告件数は前四半期から横ばい、「Webサイト改ざん」は減少(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2017年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

株式会社幻冬舎は1月15日、同社が運営する幻冬舎plusが第三者による不正アクセスにより、会員情報の一部が流出した可能性があることが判明したと発表した。

[セキュリティ ホットトピック] 教育現場のセキュリティは2018年の重要課題に 画像
特集 冨岡 晶( Akira Tomioka )

[セキュリティ ホットトピック] 教育現場のセキュリティは2018年の重要課題に

そうした背景からか、大学への不正アクセスとこれに伴う情報流出が、国内でも徐々に増加を見せています。

    Page 1 of 1
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

    登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

    ×