2020年1月のSecurity Days | ScanNetSecurity
2021.05.10(月)

2020年1月のSecurity Days

Security Days

 Security Days は 2013 年から、Interop Tokyo などの運営で知られる株式会社ナノオプト・メディアが開催する講演セッション中心のセキュリティカンファレンスで、2019 年秋は東京、大阪、名古屋で開催。

 来場者の 37%がユーザー企業に所属し、情報システム部門所属は 38%(東京会場)。

2019 年開催の Security Days Fall 2019 の開催実績は公式発表によれば、

・来場者数:名古屋会場 2,561 名、大阪会場 2,371 名、東京会場 11,035 名(各講演のべ数)
・業種:ユーザー企業 37%、SI 16%、通信・ISP・データセンター 11%、IT関連サービス・製造業 26%、その他 32% (東京)
・職種:IT部門 38%、経営・管理・企画 17%、営業・販売 16%、生産・技術・開発・品質管理 8%、コンサルタント 7%、その他 14% (東京)
・役職:部長・次長 16%、課長 20%、係長・主任 19%、一般社員・職員 39%、経営者・社長・役員 6% (東京)

 実務にすぐ役立つ知見を提供する講演・展示内容。マネージメント層向けから、技術層向け内容まで幅広い。

 無料登録のため、キーノートを中心に人気講演は開催 2 ~ 3 週間前に満席となるケースもあるが、後に増席されて「満席」サインが消える場合もあり、開催当日の欠席状況に応じて聴講は可能。また、開催終了後に、講演者が認めた場合、許可された範囲内に限るが、講演で使われた資料価値高いスライドの PDF がマイページから期間限定で無料ダウンロードできることはあまり知られていない(自分が受講した以外の資料も DL 可)。

 2018年より「プロフェッショナル・セミナー&トレーニング」という名称で、 Black Hat USA Training 等の講師経験者を海外から招き、さまざまなオペレーティングシステムやネットワーキングデバイスに侵入するための、豊富なハッキングテクニックを学ぶことができるトレーニング「 Advanced Infrastructure Hacking 」などを開催している。

Security Days Spring 2021
東京:2021年3月3日(水)~5日(金) JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)

Security Days Spring 2021CLOSE▲

Security Days Fall 2020OPEN▼

Security Days Spring 2020OPEN▼

Security Days Fall 2019OPEN▼

Security Days Spring 2019OPEN▼

Security Days Fall 2018OPEN▼

Security Days は 2013 年から、Interop Tokyo などの運営で知られる株式会社ナノオプト・メディアが開催する講演セッション中心のセキュリティカンファレンス、東京、大阪、名古屋、福岡など全国各地で、春と秋の年 2 回開催されている。

「セキュリティ運用が回らない」課題解決の切り札「Open-XDR」とは何か? Stellar Cyberの挑戦の裏にある名コンビ復活 画像
研修・セミナー・カンファレンス 阿部 欽一

「セキュリティ運用が回らない」課題解決の切り札「Open-XDR」とは何か? Stellar Cyberの挑戦の裏にある名コンビ復活PR

我々は「Open-XDR」というメッセージを打ち出しています。XDRの「X」はAnywhereの意で、StellarCyber StarlightはさらにOpen-XDRとして、既存のセキュリティ機器を含め、自社製品に限定せずにオープンに連携データを取り込み、さらにセキュリティ運用の自動化に寄与します。

ソリトンシステムズ荒木氏が振り返る激動のEPP / EDR (エンドポイント対策) 市場と、選定ポイント 画像
研修・セミナー・カンファレンス 阿部 欽一

ソリトンシステムズ荒木氏が振り返る激動のEPP / EDR (エンドポイント対策) 市場と、選定ポイントPR

エンドポイント対策に絞ったとしても、様々なソリューションが群雄割拠する時代ですし、脅威状況の変化により何をしなければならないかも見えにくくなっていると思います。

実はエンドポイントの被害は増加している? 線から面へ広がるサイバー攻撃で再注目されるEDR 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

実はエンドポイントの被害は増加している? 線から面へ広がるサイバー攻撃で再注目されるEDRPR

もはや企業のセキュリティ対策はアンチウイルスだけで十分とはいえない。次世代ファイアウォールやUTMの他、エンドポイントを統合的に守るEDRといったソリューションの合わせ技が重要とされる。

ウォッチガード社の多要素認証 超大規模導入事例公開、緊張と興奮のライブセッション 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

ウォッチガード社の多要素認証 超大規模導入事例公開、緊張と興奮のライブセッションPR

宮崎大学に導入された WatchGuard AuthPoint は 2018 年から同社が提供するクラウドベースの多要素認証サービス。

「ハッカーが活躍できる社会を作る」2年間の成果とこれからの展望…日本ハッカー協会独占インタビュー 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

「ハッカーが活躍できる社会を作る」2年間の成果とこれからの展望…日本ハッカー協会独占インタビューPR

エンジニアの場合、面談する側に十分な知識や経験がないと正しい評価は難しいと思います。我々は実際に顔を合わせるよりも高い精度で、登録者の実力を見抜くことができていると思っています。

    Page 1 of 1
    ★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
    ★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

    登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

    ×