三菱重工業 | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

三菱重工業

制御指令を悪用したサイバー攻撃を検知する技術「InteRSePT」を製品化(三菱重工、NTT、NTTデータ、NTT Com) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

制御指令を悪用したサイバー攻撃を検知する技術「InteRSePT」を製品化(三菱重工、NTT、NTTデータ、NTT Com)

三菱重工、NTT、NTTデータ、NTT Comは、三菱重工とNTTが共同開発を進めてきた重要インフラなどの制御システム向けサイバーセキュリティ技術「InteRSePT」を製品化し、5月より販売開始すると発表した。

サイバー情報共有イニシアティブ会合後、三菱重工社長が会見 画像
製品・サービス・業界動向 中島みなみ@レスポンス

サイバー情報共有イニシアティブ会合後、三菱重工社長が会見

三菱重工業の大宮英明社長は25日夜、経済産業省が主催する「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)の会合に出席。

三菱重工業などに行われた標的型攻撃の手法を解析、再現したレポート(FFR) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

三菱重工業などに行われた標的型攻撃の手法を解析、再現したレポート(FFR)

株式会社フォティーン技術研究所(FFR)は9月27日、緊急レポート「国内防衛産業企業に対する標的型攻撃」を公開した。これは9月、三菱重工業など日本の防衛産業メーカーに対し、標的型攻撃と思われるマルウェア感染が発生したと報道されていることを受けたもの。標的型攻

三菱重工業にサイバー攻撃、情報を海外に送信か(三菱重工業) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

三菱重工業にサイバー攻撃、情報を海外に送信か(三菱重工業)

三菱重工業株式会社は9月19日、同社のコンピュータにウイルス感染の可能性が8月中旬に判明したと発表した。その後、ウイルスの特性により情報漏えいの危険性も判明したことを受け、その旨を警察当局に報告、相談するとともに、以後外部の専門家と共同で調査、対応を進め

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×