2011年11月の独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.24(月)

2011年11月の独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)

セキュリティ注意喚起情報をブログパーツで配信(IPA) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

セキュリティ注意喚起情報をブログパーツで配信(IPA)

 IPA(情報処理推進機構)は25日、IPAが公開した注意喚起情報をリアルタイムに配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat(IPA Cyber security Alert Service:アイキャット)」を公開した。

「ソースコードセキュリティ検査」レポートを公開、認識向上を狙う(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「ソースコードセキュリティ検査」レポートを公開、認識向上を狙う(IPA)

IPA)は、技術レポート(IPAテクニカルウォッチ 第5回)「ソースコードセキュリティ検査」に関するレポートを公開した。

制御文字を利用しファイル名を偽装する「RLTrap」(IPA) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBBTODAY

制御文字を利用しファイル名を偽装する「RLTrap」(IPA)

 情報処理推進機構(IPA)は4日、2011年10月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書を公開した。

複数のD-Link製品にバッファオーバーフローの脆弱性(IPA) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

複数のD-Link製品にバッファオーバーフローの脆弱性(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月28日、複数のD-Link製品における脆弱性に関する注意喚起を発表した。D-Link社が提供する「DES-3800シリーズ」「DWL-2100AP」「DWL-3200AP」は、無線LANアクセスポイントなどのネットワーク機器。これらの製品にはSSHの実装に

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×