IPA が相談窓口にチャットボット導入、ただし選択肢を選ぶシナリオ型 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

IPA が相談窓口にチャットボット導入、ただし選択肢を選ぶシナリオ型

IPAは、IPAが国民に向けて開設している「情報セキュリティ安心相談窓口」において、よくあるご相談の一部についてチャットボットでも対処方法等を案内していると発表した。

製品・サービス・業界動向
現在の状況に近い選択肢を選ぶと、対処方法が表示される
  • 現在の状況に近い選択肢を選ぶと、対処方法が表示される
  • 画面右下の吹き出しマークを押すと、チャットウィンドウが開く
  • チャット欄の右上に表示されているごみ箱マークを選択することで、メニューのトップに戻ったりチャットログをリセットしたりできる

 情報処理推進機構(IPA)は6月25日、IPAが国民に向けて開設している「情報セキュリティ安心相談窓口」において、よくあるご相談の一部についてチャットボットでも対処方法等を案内していると発表した。

 同窓口は、一般的な情報セキュリティ(主にウイルスや不正アクセス)に関する技術的な相談に対してアドバイスを提供するもの。相談はメールや電話での受付となっているが、チャットボットによる対応を開始した。電話相談の受付時間外(夜間・休日等)も利用可能となる。

 現時点でチャットボットは文字入力による応答には対応しておらず、選択肢の中から選ぶシナリオ型での提供となる。被害等に遭った相談者が個人情報等を入力してしまう懸念に慎重に対処した。「情報セキュリティ安心相談窓口」および「情報セキュリティに関する技術的なご相談」窓口において画面右下に表示されている吹き出しマークを押すと、チャットウィンドウが開き選択肢が表示される。現在の状況に近いものを選択していくことで、対処方法が表示される。

 相談の途中でメニューのトップに戻りたい場合や、チャットログのリセットを行いたい場合は、チャット欄の右上に表示されているごみ箱マークを選択する。現在、チャットボットで案内している回答は次の通りとなる。

・パソコンの偽セキュリティ警告(サポート詐欺)への対応
・スマートフォンの偽セキュリティ警告への対応
・フィッシングメールへの対応
・宅配便の偽SMSへの対応
・性的な映像をばらまくと恐喝するメールへの対応
・不正ログインへの対応
・ワンクリック詐欺への対応
・情報処理推進機構(IPA)を騙った不審な電話を受けた

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

    人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  3. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  4. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  5. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  6. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  7. 横展開封じ込め、CrowdStrike 提唱の新指標「1 - 10 - 60」ルールとは?

  8. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

  9. 賞金総額 1 万ドル「LINE CTF 2024」GMOイエラエ 国内 1 位

  10. 26,481件の顧客情報を記録したUSBメモリを一時紛失(トランスコスモス)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×