ドコモが BIMI に対応、DMARC によるなりすまし警告機能も実装 | ScanNetSecurity
2024.06.26(水)

ドコモが BIMI に対応、DMARC によるなりすまし警告機能も実装

 株式会社NTTドコモは5月22日、ドコモメールにおける「なりすましメールの警告表示機能」の導入を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社NTTドコモは5月22日、ドコモメールにおける「なりすましメールの警告表示機能」の導入を発表した。

 同機能では、ドコモメールにおけるフィッシング詐欺の可能性がある不審なメールに対し、なりすましメールの危険性があることをメール本文表示の際や、本文中の URL 等から Web ページに遷移する際に警告を表示することで、顧客が事前にフィッシング詐欺に気づく仕組みを設け、詐欺被害の発生を未然に防止する。

 同機能では、送信されたメールの発信元が正しい送信者であるかの確認を「DMARC」で実施し、「DMARC」の認証に失敗する、または送信元が「DMARC」未導入のメールを開封時に、なりすましメールの危険性があることの警告表示を行う。また、同機能の提供に際し「BIMI(Brand Indicators for Message Identification)」を導入し、メール送信元の正当性を目視確認できる手段を拡張する。

 同機能は2024年10月以降に提供開始予定で、利用料金は無料。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×