「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」に不正アクセス、3,827名のカード情報が漏えい | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」に不正アクセス、3,827名のカード情報が漏えい

 菅公学生服株式会社は3月4日、同社が運営する「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」への不正アクセスによる個人情報の漏えいについて発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(弊社が運営する「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」への不正アクセスによる個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ)
  • リリース(経緯)
  • リリース(個人情報漏えいの可能性があるお客様)
  • リリース(公表が遅れた経緯について)
  • リリース(本件に関するお問い合わせ窓口)

 菅公学生服株式会社は3月4日、同社が運営する「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」への不正アクセスによる個人情報の漏えいについて発表した。

 これは2023年9月27日に、一部のクレジットカード会社から「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」を利用した顧客のカード情報の漏えい懸念について連絡があり、同日中に当該サイトでのカード決済を停止し、第三者調査機関による調査を開始したところ、当該サイトのシステムの一部の脆弱性をついたことによる第三者の不正アクセスでペイメントアプリケーションの改ざんが行われたことが原因で顧客のカード情報が漏えいし、一部顧客のカード情報が不正利用された可能性があることを2023年12月8日に完了した調査結果で確認したというもの。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

    東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

  2. クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

    クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

  3. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  4. 愛知県陶磁美術館主催講座参加者1組の個人情報、メール誤送信により漏えい(愛知県)

  5. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  6. チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

  7. ドトールコーヒー公式 Twitter アカウントが乗っ取り被害、キャンペーン開催も見合わせ

  8. 西日本工業大学の Office365 のアカウントに不正アクセス、約2,700件の迷惑メールを送信

  9. 弥生の認証連携サービスに不正アクセス、ログイン情報が攻撃者から参照可能に

  10. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×