被害は他人事、予算は半数が月10万円以下 ~ サイト運用セキュリティのリアル | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

被害は他人事、予算は半数が月10万円以下 ~ サイト運用セキュリティのリアル

 ECマーケティング株式会社は2月29日、企業のWebサイト運営担当者に実施したサイトのセキュリティに関する意識調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
サイト運用予算におけるセキュリティ維持費用(月額換算)
  • サイト運用予算におけるセキュリティ維持費用(月額換算)
  • 運用サイトで実施しているセキュリティ対策
  • 数年間での運用サイトのセキュリティ対策予算の変化
  • セキュリティ被害を他人事に思った経験
  • 具体的なセキュリティ被害

 ECマーケティング株式会社は2月29日、企業のWebサイト運営担当者に実施したサイトのセキュリティに関する意識調査の結果を発表した。

 同調査は2月15日から16日に、全国のWebサイトを運営している担当者125名を対象にアンケート調査を行ったもの。

 同調査で、運用サイトで実施しているセキュリティ対策を尋ねたところ、「定期バックアップ」が最多の63.5%で、「ツールのアップデート管理」が46.1%、「サイト監視」が45.2%と続いた。

 サイト運用予算における月額のセキュリティ維持費用を尋ねたところ、「5万円以下」が20.8%、「6万円~10万円」が29.6%と月額10万円以下に収まっている企業が半数以上となった。

 運用サイトのセキュリティ対策予算はここ数年間で変化したか尋ねたところ、「増えた」が15.2%、「どちらかといえば増えた」が40.0%と回答し、半数以上の企業で予算増加があったことから、企業としてセキュリティリスクへの意識は高まっていると推測している。

 セキュリティ被害について「うちは大丈夫」と他人事に思った経験はあるか尋ねたところ、「ある」が40.0%、「どちらかといえばある」が31.2%で合計71.2%のWeb担当者がサイバー被害を他人事に思った経験があることが判明した。

 過去に運用サイトがセキュリティ被害に遭ったことはあるか尋ねたところ、52.8%が被害経験があると回答している。具体的にどのような被害に遭ったか尋ねたところ、「サイトの改ざん」が53.0%で最多となり、「不正アクセス」「ランサムウェア被害」が47.0%で同率2位、4位は「情報漏えい」40.9%と続いた。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  2. 子どものスマホ利用に対する保護者の取組み、「フィルタリング」が43.6%で最多に

    子どものスマホ利用に対する保護者の取組み、「フィルタリング」が43.6%で最多に

  3. CRYPTREC暗号リストおよび仕様書を改定 2013年以来

    CRYPTREC暗号リストおよび仕様書を改定 2013年以来

  4. 総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊

  5. セキュリティ対策は株価を上げるのか ~ 株主総利回り(TSR)の平均値は高い傾向

  6. IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査

  7. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  8. ランサムウェア対応 法執行機関を関与させた方がコストも期間も減少 ~ IBM 調査

  9. スマホのフィルタ設定率、高校生は32%に(東京都)

  10. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×