東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得 | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

 株式会社東和エンジニアリングは2月13日、2023年12月15日に公表した同社内ネットワークへの不正アクセスについて、第4報を発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(【第4報】社内ネットワークへの不正アクセス攻撃に関するご報告とお詫び)
  • リリース(本件の概要)

 株式会社東和エンジニアリングは2月13日、2023年12月15日に公表した同社内ネットワークへの不正アクセスについて、第4報を発表した。

 同社では2023年12月15日に、同社社内ネットワークでウイルス感染の疑いが確認されたため、セキュリティ対策本部を立ち上げ、当該サーバをネットワークから隔離するなどの被害拡大防止策を講じた上で、セキュリティ専門機関に調査を依頼したところ、第三者からのランサムウェアによる不正アクセス攻撃で社内サーバ内の情報が一部不正に閲覧された可能性があることが判明していた。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

    東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

  2. クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

    クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

  3. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  4. 診断書を紛失、レターパック追跡サービスで保健所での受取までは確認(埼玉県)

  5. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  6. チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

  7. LINEギフトや終了済みのECサービスで不適切なデータ取り扱いが判明

  8. 庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

  9. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  10. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×