紀伊國屋書店に不正アクセス、委託元の富士山マガジンサービスにも影響 | ScanNetSecurity
2024.03.04(月)

紀伊國屋書店に不正アクセス、委託元の富士山マガジンサービスにも影響

 株式会社紀伊國屋書店は12月21日、第三者からの不正アクセスについて発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(不正アクセスによる、個人情報漏洩の可能性に関するお知らせとお詫び)
  • リリース(経緯)
  • リリース(お客様への対応)
  • リリース(業務委託先での個人情報等漏えいの可能性に関するお知らせ)
  • リリース(紀伊國屋書店から報告を受けた漏えいの可能性があるお客さまの数)

 株式会社紀伊國屋書店は12月21日、第三者からの不正アクセスについて発表した。

 これは同社が管理運用する「和雑誌アクセス納品情報」及び「INTERMAX納品管理システム」サイトに外部からサイバー攻撃があり、その結果、利用しているデータベースのテーブル名称を取得されたことが判明したというもの。11月1日に警察から、「和雑誌アクセス納品情報サイト」にサイバー攻撃があった旨の連絡があり発覚した。個別のテーブルの内容にアクセスされた形跡やデータ取得された形跡は確認されていないが、同じサーバでデータベースを運用している「Access Web Service System」を含め、情報漏えいした可能性があるという。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  2. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  3. DDoS 攻撃が原因、横須賀市ホームページで閲覧障害

    DDoS 攻撃が原因、横須賀市ホームページで閲覧障害

  4. スタンレー電気のアジア大洋州グループ会社で最大約 34 億円の資金流出

  5. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  6. NTTマーケティングアクトProCX 元派遣社員による不正持ち出し、岡山県警が1月31日付で逮捕

  7. 名古屋大学にブラインドSQLインジェクション、2,000件のメールアドレスが漏えいした可能性

  8. 「銀魂」を「Share」で公開していた男性を送致(ACCS)

  9. 職員の個人情報流出、54歳主査懲戒免職(弘前市)

  10. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×