11月8日から開催「CODE BLUE 2023」全プログラム内容を公表 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

11月8日から開催「CODE BLUE 2023」全プログラム内容を公表

 CODE BLUE実行委員会は10月18日、東京都赤坂で11月8日から9日に開催する日本発のサイバーセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2023」の全てのプログラム内容を発表した。

研修・セミナー・カンファレンス

 CODE BLUE実行委員会は10月18日、東京都赤坂で11月8日から9日に開催する日本発のサイバーセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2023」の全てのプログラム内容を発表した。

 CODE BLUEは、今年で開催11年目を迎える国内外の専門家が集うサイバーセキュリティ国際会議で、サイバーセキュリティ専門家による最先端の講演と、国や言語の垣根を越えた情報交換・交流の機会を提供している。

 今回公表となった、同イベント協賛企業によるOpen Talksのスケジュールは下記の通り。

●1日目(11月8日)
10:00:AI主導のIDアタックサーフェスの可視化でIDの誤設定をあぶり出す
(株式会社CyCraft Japan 村上弘和)

10:40:Linux kernelのケーススタディから学ぶ、人間が見つけるべき脆弱性
(株式会社Flatt Security 志賀 遼太)

11:20:サイバーセキュリティリスク定量化とリスクマネジメント
(MS&ADインターリスク総研株式会社/Kovrr Inc. Shalom Bublil)

13:35:PwCが提供する製品セキュリティテストの流れと実施ポイント
(PwCコンサルティング合同会社 和栗 直英)

14:30:Microsoft AzureのWebAppにおけるSandbox Escape
(GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社ルスラン・サイフィエフ/デニス・ファウストヴ)

15:45:タイトル後日公表
(SBテクノロジー株式会社)

16:25:IoT Threat Intelligence at Panasonic~Journey to protect home electronics~
(パナソニック ホールディングス株式会社 大澤 祐樹/伊藤 知史/樋口 悟)

●2日目(11月9日)
10:00:セキュリティに関わる人々をつなぎ広げ深める
(株式会社日立システムズ 本川 祐治/布広 永示(東京情報大学 学長)/小原 凡司(笹川平和財団 安全保障研究グループ 上席フェロー))

10:55:ファストフォレンジックにおけるマルウェア解析の活用
(日本電気株式会社 竹内 俊輝/松本 隆志)

11:35:技術者・経営層・サプライチェーンを繋ぐフレームワークとは
(NTTデータ先端技術株式会社 河島 君知)

13:35:生成AIのセキュリティ・リスク
(三井物産セキュアディレクション株式会社 高江洲 勲)

14:15:製造業における「セキュリティ新市場の勃興」
(株式会社ベリサーブ 武田 一城)

14:55:タイトル後日公表
(SSDラボジャパン株式会社)

 コンテスト・ワークショップエリアで併催されるイベントは下記の通り。

「Cyber TAMAGO:サイバーセキュリティツールとアイデアを共有しよう」
主催:Cyber TAMAGO
日時:11月8日10:00-17:00
会場:Room 402

「Car Hacking Village:自動車のサイバーセキュリティ、興味ありますか?」
主催:Car Hacking Village
日時:11月8日~9日
会場:Room 402

「Flatt Security Speedrun CTF:株式会社Flatt Securityによる、タイムアタック形式のライトなCTFです」
主催:株式会社Flatt Security
日時:11月9日10:00-11:30、12:00-13:30、14:30-16:00、16:30-17:30
会場:Room 402

「Webハッキングチャレンジ forビギナーズ」
主催:GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社
日時:11月8日10:00-18:00、11月9日10:00-16:00
会場:Room 405

「参加型コンテスト(タイトル・詳細後日公表)」
主催:株式会社日立システムズ
日時:11月8日~9日
会場:the Green

・CODE BLUE 2023 開催概要
日時:11月8日~11月9日
会場:赤坂インターシティコンファレンス(赤坂インターシティAIR 4階)
主催:CODE BLUE実行委員会
運営:CODE BLUE事務局(株式会社BLUE)
参加費:早期割引 78,000円(税込)※受付終了
    一般 98,000円(税込) 8月1日~11月2日
    当日 128,000円(税込) 11月8日~11月9日
事前参加登録:https://codeblue.jp/2023/registration/
その他:日英の同時通訳付き(※一部講演を除く)

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  2. 8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

    8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

  3. reject(拒否)へのいばらの道を進むには ~ 日本プルーフポイント「DMARC Conference 2024」レポート

    reject(拒否)へのいばらの道を進むには ~ 日本プルーフポイント「DMARC Conference 2024」レポート

  4. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  5. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  6. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  7. 新しい総務省ガイドラインに適合する「クラウドのデータ消去」とは? 自治体で行われた実証実験 結果報告

  8. 裏サイトからSNSへ、スマートフォンはネットいじめの様態を変える(JSSEC)

  9. フォレンジック技術者が語る サイバー攻撃が発生する四つの未知の領域への警鐘 ~ エムオーテックス

  10. 被告:CISO ~ 実例で考える CISO が訴訟されるリスク

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×