サイバー野生生物捜査ほか情報共有強化 ~ 国際刑事警察機構 アフリカ地域会議 | ScanNetSecurity
2024.07.20(土)

サイバー野生生物捜査ほか情報共有強化 ~ 国際刑事警察機構 アフリカ地域会議

 INTERPOLは現地時間10月5日、閉幕した第26回アフリカ地域会議について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 国際刑事警察機構(INTERPOL)は現地時間10月5日、閉幕した第26回アフリカ地域会議について発表した。

 同会議では、代表団が野生生物の人身売買からテロ対策まで、複数の犯罪分野における情報共有の強化に合意、アンゴラ、ルアンダ アフリカの警察指導者たちは、地域内の警察データの交換を促進するための一連の広範囲に及ぶ勧告の採択に票決している。

 同会議では、環境犯罪やテロリズムへの協力を強化する具体的な勧告も承認されており、違法なオンライン野生生物市場が憂慮すべきスピードで成長し続けていることに触れ、代表団は広告やソーシャルメディアグループを監視・評価し、そのコンテンツの範囲や性質を確認するとともに、国内でのサイバー野生生物の捜査(Cyber Wildlife Investigations)を開始することに合意している。

 INTERPOLのアフリカ戦略では、環境犯罪の増加と気候変動がアフリカに与える悪影響をさらに悪化させていると指摘している。

 INTERPOLの2022年世界犯罪動向報告書によると、イスラム国(ダーイシュ)の領土崩壊以降、テロ活動がアフリカで増加しており、同会議の参加者は地域的・世界的な警察データ共有の強化を通じて、国境を越えたテロリストの動きを検知し、混乱させるために、新たなテクノロジーを活用することを決議している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×