WordPress の File Manager Advanced Shortcode における任意のファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

WordPress の File Manager Advanced Shortcode における任意のファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

 2023 年 5 月に、WordPress のプラグインに遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威
(イメージ画像)
◆概要
 2023 年 5 月に、WordPress のプラグインに遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。攻撃者に脆弱性を悪用されてしまった場合は、WordPress が稼働しているサーバが Web サーバの稼働権限で操作可能となります。脆弱性に対策されたものが存在しないため、プラグインの無効化および削除により対策してください。

◆分析者コメント
 脆弱性は容易に悪用可能なものであり、複数のエクスプロイトコードの存在がか確認されています。ソフトウェアの設計的にも、任意のユーザから使用できる状況は好ましくないと考えられるため、脆弱性に対策されていたとしてもインターネット上に公開しない方が良い機能であると考えられます。

◆深刻度(CVSS)
9.8

https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2023-2068&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 File Manager Advanced Shortcode の最新版であるバージョン 2.3.2 およびそれより古い全てのバージョンが、当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説
 世界的に用いられている CMS ソフトウェアである WordPress のプラグインである、File Manager Advanced プラグインの補助プラグインである、File Manager Advanced Shortcode に、遠隔からの任意のコード実行につながる脆弱性が報告されています。

 File Manager Advanced Shortcode は、WordPress サーバ上のファイルを管理するためのプラグインである File Manager Advanced の機能を、管理画面以外のページでも使えるようにするプラグインです。しかし、当該プラグインでは PHP コードのような許可されていない形式のファイルのアップロードを適切に制限していないため、当該プラグインの機能が利用可能な WordPress のページを介して、任意のコードを実行するためのファイルを設置できてしまいます。

◆対策
 本記事の執筆時点(2023 年 6 月末)時点では、脆弱性に対策されたバージョンのプラグインが存在しないため、当該プラグインの使用を止めてください。

◆関連情報
[1] WPScan
  https://wpscan.com/vulnerability/58f72953-56d2-4d86-a49b-311b5fc58056
[2] National Vulnerability Database (NVD)
  https://nvd.nist.gov/vuln/detail/CVE-2023-2068
[3] CVE Mitre
  https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2023-2068
----------------------------------------------------------------------
◆エクスプロイト
以下の Web サイトにて、当該脆弱性の悪用による遠隔コード実行を試みるエクスプロイトコードが公開されています。

  GitHub - rapid7/metasploit-framework
  https://github.com/rapid7/metasploit-framework/blob/31062dc850bee3e758ae08f35233e246ed617d1a/modules/exploits/multi/http/wp_plugin_fma_shortcode_unauth_rce.rb

エクスプロイトコードは Metasploit で用いるものです。

#--- で始まる行は執筆者によるコメントです。

《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  2. 脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

    脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

  3. ロリポップ!問い合せフォームの自動返信機能を悪用したスパム配信に注意喚起

    ロリポップ!問い合せフォームの自動返信機能を悪用したスパム配信に注意喚起

  4. GLAYの偽ライブ生配信 生中継騙るフィッシングサイトに注意呼びかけ

  5. マイクロソフトが 6 月のセキュリティ情報公開、適用を呼びかけ

  6. 北の IT 技術者に懸賞金かかる/産経報道に世界注目/イラン情報安全保障省 イスラエル攻撃 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年5月度]

  7. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

  8. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  9. IT資産管理ソフト「PALLET CONTROL」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  10. ASUS ルータの認証情報漏えい、対策を NICTER Blog が解説

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×