HP 社 PC のファームウェアに Windows OS での管理者権限への昇格が可能となるメモリアクセス不備の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

HP 社 PC のファームウェアに Windows OS での管理者権限への昇格が可能となるメモリアクセス不備の脆弱性(Scan Tech Report)

2023 年 5 月に、HP 社の PC を管理するためのファームウェアに、権限昇格が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威
(イメージ画像)
◆概要
 2023 年 5 月に、HP 社の PC を管理するためのファームウェアに、権限昇格が可能となる脆弱性が報告されています。脆弱なファームウェアがインストールされている HP 社の端末への侵入に成功した攻撃者は、当該脆弱性の悪用により、SYSTEM 権限への昇格が可能となります。セキュリティ更新プログラムの適用により、脆弱性に対策してください。

◆分析者コメント
 カーネルエクスプロイトの中でも、脆弱性の悪用が容易であり、システムの停止を引き起こすことなく容易に SYSTEM 権限の奪取が可能です。Rootkit をインストールするための踏み台として悪用される可能性が高いため、HP 社の PC を使用している場合はアップデートにより早急に対策してください。

◆深刻度(CVSS)
[CVSS v3.1]
7.8

※関連情報 [1] を参照

◆影響を受けるソフトウェア
 以下のソフトウェアがインストールされている Windows OS が当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

  * HP PC Hardware Diagnostics Windows:バージョン 2.2.0.0 未満
  * HP Image Assistant:バージョン 5.1.8 未満
  * HP Thunderbolt Dock G2 - ファームウェア

◆解説
 HP 社のファームウェアの一部として提供されている、Windows OS 用のカーネルドライバに、カーネル空間のメモリ操作により管理者権限への昇格が可能となる脆弱性が報告されています。

 脆弱性は、HP PC Hardware Diagnostics Windows をはじめとする HP 社の PC を管理するためのファームウェアの一部であるカーネルドライバ etdsupp.sys に存在します。脆弱性が存在する etdsupp.sys では、命令内容の検証が十分ではないため、ユーザ空間のプログラムからカーネル空間の任意のメモリが読み書き可能です。脆弱性を悪用することで、権限が低いプロセスの権限情報を権限が高いプロセスのものに複写して、特権を昇格できます。

◆対策
 公式ページに記載の手順(関連情報 [1])に従い、HP 社から提供されている以下の製品に対するセキュリティ更新プログラムを適用してください。

  * HP PC Hardware Diagnostics Windows
  * HP Image Assistant
  * HP Thunderbolt Dock G2 - ファームウェア


◆関連情報
[1] HP 社公式
  https://support.hp.com/jp-ja/document/ish_8128410-8131630-16/hspbhf03848

◆エクスプロイト
 以下の Web サイトにて、当該脆弱性を悪用して SYSTEM 権限への昇格を試みるエクスプロイトコードが公開されています。

  GitHub - alfarom256/HPHardwareDiagnostics-PoC
  https://github.com/alfarom256/HPHardwareDiagnostics-PoC/tree/main/HPHardwareDiagnosticsPoC

//-- で始まる行は筆者コメントです。
《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  3. TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

    TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

  4. セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

  5. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

  6. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  7. センチュリー・システムズ製 FutureNet NXRシリーズ、VXRシリーズおよび WXRシリーズに複数の脆弱性

  8. Windows 版 GlobalProtect App における権限昇格につながる任意のファイル削除の脆弱性(Scan Tech Report)

  9. Windows 11のスクリーンショット、黒塗りを復元できる可能性

  10. 細工した画像をFAXに送信しイントラネットにマルウェア感染させる脆弱性(チェック・ポイント)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×