Web改ざん被害 中小企業の25%が経験 ほか | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

Web改ざん被害 中小企業の25%が経験 ほか

 株式会社テクノルは5月10日、従業員300名以下の中小企業で自社Webサイトに関する業務の担当者を対象とした「Webサイトのセキュリティ対策」に関する調査結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
これまでにサイバー攻撃を受けたことはありますか?
  • これまでにサイバー攻撃を受けたことはありますか?
  • WAFを導入していますか?

 株式会社テクノルは5月10日、従業員300名以下の中小企業で自社Webサイトに関する業務の担当者1,001名を対象とした「Webサイトのセキュリティ対策」に関する調査結果を発表した。

 同調査でWAFを導入しているか尋ねたところ、「はい」が53.7%、「いいえ」が46.3%となり、半数以上が導入していることが明らかになった。WAFの他に、どのようなセキュリティ対策を行っているか質問したところ、「常にCMSの最新アップデートを行っている」が34.4%で最多となり、「ウイルス対策ソフトを導入している」が26.0%、「CMSの管理画面の利用制限をしている」が21.8%と続いた。

 これまでにサイバー攻撃を受けた経験があるか質問したところ、「はい」が33.1%と3割以上がサイバー攻撃の被害経験があることが判明した。サイバー攻撃の被害について尋ねたところ、「サーバーが停止した(繋がりにくくなった)」が45.6%で最多となり、「業務が(一時)停止するなどの支障が出た」が38.4%、「ウイルスに感染した(不正なプログラムをダウンロードさせられた、なども含む)」が26.0%、「Webサイトの情報が改ざんされた(自社ドメインが別の名称に改ざんされた、詐欺サイトに誘導された、などを含む)」が25%と続いている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  2. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  3. フィッシングサイトのドメイン「workers.dev 」急増、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「workers.dev 」急増、デジタルアーツ調査

  4. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  5. 復旧失敗確率 3 分の 2、ランサムウェア身代金支払い ~ JIPDEC、ITR 調査

  6. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  7. 総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊

  8. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  9. IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査

  10. サポート詐欺の電話番号「010」で始まる国際電話番号利用手口も

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×