脆弱性情報フィルタリングツール「mjcheck4」最新版公開 SBOM対応ほか | ScanNetSecurity
2024.05.31(金)

脆弱性情報フィルタリングツール「mjcheck4」最新版公開 SBOM対応ほか

IPAは、脆弱性対策情報収集ツールの最新版「mjcheck4」を「JVN iPedia」で公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月29日、脆弱性対策情報収集ツールの最新版「mjcheck4」を「JVN iPedia」で公開した。前バージョンである「mjcheck3」のユーザーに対し、切り替えるよう呼びかけている。

 MyJVN脆弱性対策情報フィルタリング収集ツール(mjcheck4)は、JVN iPediaに登録されている脆弱性対策情報を、MyJVN APIを利用して製品名等でフィルタリングして収集するためのツール。Adobe Air環境で動作していた前ツール(mjcheck3)に対して機能拡張を実施した後継となる。

 mjcheck4を利用することで、組織で利用しているソフトウェアの脆弱性対策情報を効率よく収集することができる。mjcheck3からの主な変更点は次の通り。

・SBOMが記述されたファイルのインポート・エクスポートに対応
・脆弱性対策情報に対するフィルタリングの種類の追加
・注意警戒情報サービスのフィルタリングに対応
・.NET 環境上で動作するように変更

 サイトでは、mjcheck4のダウンロード・インストール方法、利用方法、設定方法などを詳しく紹介している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×