日銀金融研究所、第23回情報セキュリティシンポジウム3/3開催 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

日銀金融研究所、第23回情報セキュリティシンポジウム3/3開催

日本銀行金融研究所は、「オープン・ソース・ソフトウェアのセキュリティ」をテーマとした第23回情報セキュリティ・シンポジウムを3月3日(金)に開催する。

研修・セミナー・カンファレンス

 日本銀行金融研究所は、第23回情報セキュリティ・シンポジウムを3月3日(金)に開催する。「オープン・ソース・ソフトウェアのセキュリティ」をテーマに、金融業界におけるOSSを活用するメリットや脆弱性対応のあり方について議論するプログラムを準備した。

 シンポジウムは、Cisco Webex Webinarsによるオンライン開催で、14時から17時まで行われる。参加申込みは同研究所のサイトより行う。締切は2月26日(日)。プログラムは次の通り(変更の可能性あり)。

1:開会の挨拶(14:00-14:05)
 鈴木淳人(日本銀行 金融研究所 情報技術研究センター長)

2:プレゼンテーション
・講演1(14:05-14:45)
 OSSの世界観とセキュリティ(仮)
 真鍋敬士 氏(JPCERT/CC理事、金融ISAC理事)
・講演2(14:45-15:10)
 金融業界の取組み(仮)
 鎌田敬介 氏(金融ISAC専務理事)
・講演3(15:10-15:40)
 機械学習とOSSのセキュリティ(仮)
 小澤誠一 氏(神戸大学 教授)

休憩(15:40-16:00)

3:パネルディスカッション(16:00-17:00)
 パネリスト:講演者(3名)
 モデレータ:菅 和聖(日本銀行 金融研究所 情報技術研究センター 企画役)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  2. 【事前防災・減災対策推進展15】災害時に水と電気の供給が可能な自転車(ユアサ商事)

    【事前防災・減災対策推進展15】災害時に水と電気の供給が可能な自転車(ユアサ商事)

  3. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. 山野修が考えるセキュリティ業界のオープン化(マカフィー) [Security Days Spring 2018]

  5. Microsoft Defender に擬装しマルウェアを歓迎する攻撃ツール

  6. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  7. LINEヤフー社 Digital Crime Unit の取り組みほか ~ フィッシング対策セミナー講演資料 5 本公開

  8. シンガポール発のサイバーインテリジェンス企業が日本に注目する理由 ~ CYFIRMA

  9. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

  10. ATMの脆弱性とハッキング、その攻撃事例と安全対策 (CODE BLUE 2016)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×