業務メール送信時に気をつけること「送信先誤り」は4位 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

業務メール送信時に気をつけること「送信先誤り」は4位

 株式会社クオリティアは1月10日、「メールセキュリティに関する調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 株式会社クオリティアは1月10日、「メールセキュリティに関する調査」の結果を発表した。

 同調査は12月2日から3日に、仕事でメールを使う全国の20歳~59歳の会社員(契約社員、派遣社員含む)または公務員・団体職員を対象にインターネット調査を実施し、1,000名の有効サンプルを集計したもの。

 同調査によると、仕事でメールを送るときに気をつけていることは、1位が「言葉遣い」で65.0%、2位「誤字・脱字」(63.8%)、3位「本文のわかりやすさ」(61.3%)と続き、誤送信の原因となる「送信先間違い」は60.2%で4位であった。

 メールにファイルを添付する際に「パスワード付きZIPファイル」を使用しているのは41%で、その理由としては 「勤務先のルール」が65.9%で1位に、「セキュリティ面で安心」が26.0%で続いた。

 標的型攻撃メールを受け取ったことがあるのは27%で、標的型攻撃メール受信経験者の6人に1人となる17.4%がウイルス感染を経験している。ウイルス感染した際の対応は「システム管理者・セキュリティ管理者に報告」が78.7%で突出して高く、他の社員・職員に注意喚起が40.4%、上司に報告が38.3%となっている。

 その他、メールが苦手そうなアニメキャラとして、「ドラえもん(ドラえもん)」が1位に、「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」が2位に、「野比のび太(ドラえもん)」が3位、「孫悟空(ドラゴンボール)」が4位となった。「ドラえもん」からは剛田武も10位にランクインしており、作品としては最多となった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×