食品会社の顧客情報がランサムウェア攻撃で暗号化、外部流出の可能性を完全には否定できず | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

食品会社の顧客情報がランサムウェア攻撃で暗号化、外部流出の可能性を完全には否定できず

 食品を取り扱うナッシュ株式会社は1月4日、ランサムウェアによる不正アクセス攻撃での個人情報流出の可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 食品を取り扱うナッシュ株式会社は1月4日、ランサムウェアによる不正アクセス攻撃での個人情報流出の可能性について発表した。

 これは2022年12月21日早朝に、同社内の一部システムで障害があり調査したところ、ランサムウェアによる同社PCへの不正アクセスと当該PCのデータが暗号化されたことが判明したというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×