ワンビ、リカバリ領域保全状態での安全なデータ消去について特許取得 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

ワンビ、リカバリ領域保全状態での安全なデータ消去について特許取得

 ワンビ株式会社は12月22日、リカバリ領域を保全する状態での安全なデータ消去について、特許を取得したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ワンビ株式会社は12月22日、リカバリ領域を保全する状態での安全なデータ消去について、特許を取得したと発表した。

 同社では2019年2月7日に、「データ消去方法、データ消去プログラムおよび管理サーバ」の名称で出願し、2022年12月1日に公開となった。

 本特許は、ネットワーク経由で管理サーバからパソコンのデータを消去する際に、リカバリ領域が工場出荷時の状態から改ざんされていないことを判定した上で、リカバリ領域以外の領域にあるデータを復元困難な方法で消去するもので、ドライブ消去後のリカバリに係る作業を円滑にしつつ、工場出荷時と同じ状態でパソコンを安全に再利用できる。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×