2021年SFプロトタイピングの旅 第8回「情報量の多さが経済的な自立を可能にする」 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

2021年SFプロトタイピングの旅 第8回「情報量の多さが経済的な自立を可能にする」

ここから先のお話は基本的に、サイバーセキュリティとこれからの未来、つまりSFプロトタイピングとの接点として、私が考えていることです。この後からしばらくアイデアレベルのものを羅列していきます。

研修・セミナー・カンファレンス
2021年SFプロトタイピングの旅 第8回「情報量の多さが経済的な自立を可能にする」

 1968年に作家のクラークが発表した小説「2001年宇宙の旅」と、同年公開されたキューブリック監督による映画化作品の成功は、その後の人類の宇宙開発に少なからぬ影響を与えました。

 空想科学小説(SF)という文学ジャンルの持つ力を借りて、新しい価値観や目標、今までになかった製品やサービスを考える手法は「SFプロトタイピング」と呼ばれており、Intel社の研究機関の未来学者によって提唱され、近年日本でも注目が集まっています。

 SFプロトタイピングは、飛躍や自由な発想が積極的に許容され、その点が、既知のデータをもとにしたシミュレーションや未来予測とは異なっています。

 未知の要素を最大限考慮に入れながら将来やってくる未来を思い描く。これを「将来やってくる未来」ではなく「将来やってくる脅威」に置き換えれば、それはセキュリティ担当者なら多かれ少なかれみんながやっていることではないのか。

 そんな認識のもとで、2021年夏、1名の作家を含む識者3名が集まり、サイバーセキュリティ領域でのSFプロトタイピングの利活用の可能性について考える勉強会を開催しました。3名の講演とディスカッションで構成され、ディスカッションのテーマに設定したのは、サイバー攻撃の非対称性を無効化する兵器を構想すること。

 登壇したのは、著書「SFプロトタイピング: SFからイノベーションを生み出す新戦略」を早川書房から出版(共著)したばかりの、筑波大学の大澤 博隆 先生、そして、SFプロトタイピングを活用した企業コンサルティングの実績を持つアノン株式会社の森 竜太郎 社長。そして、サイバーミステリー作家の一田 和樹 氏の3名です。(註:所属及肩書は当時)

 昨2021年をはるかに超えて不確定要素が増す現在、3名の講演とそれに続くディスカッションを、勉強会の講演再録として連載でお届けします。第8回は作家・評論家の一田和樹氏のパートの2回目です。

--

 ここから先のお話は基本的に、サイバーセキュリティとこれからの未来、つまりSFプロトタイピングとの接点として、私が考えていることです。この後からしばらくアイデアレベルのものを羅列していきます。

 たとえば既存のものに新しい技術を乗せて未来を考える、未来に対処していくことは、結構限界があるという風に考えられます。そこから離れて、将来的に社会に大きな影響を与えるものを考えると、たとえば「従来の人間ではない人間の登場」。遺伝子操作が当たり前になって、親がどういう子供が欲しいかによって遺伝子を選んで決めていく未来も当然出てきます。

 「デザインされた死の普及」もかなり進むと思われます。死が不可避である以上、どのような死に方を選ぶかというのも人間の権利として考えなければいけないということも、既に話として出てきている。

 それをもう一歩進めると自分が望むような形での幸福な死を得られるような薬、ある意味それは病原菌だったりするわけですけれども、そういったものによって穏やかでかつ自分の理想とする死を迎えられる。あるいはすでにSF映画になっていますけれども、自分の憧れている人が死んだ病と同じ病で死にたい。そういった「デザインされた死の普及」というのも、これから想定される。そうなってくると、それに付帯して、いろんな社会現象が起きてくることも考えられる。

 また、しばらく前から環境問題が大きく取り上げられるようになりました。けれど実際のところ対処がどれぐらい進んでいるかと言うと、実はそんなには進んでいない。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. ガートナー クラウドクッキング教室 ~ CCoE 構築の重要性

    ガートナー クラウドクッキング教室 ~ CCoE 構築の重要性

  2. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  3. パナソニック他 大手が続々「Cloudbase」を採用、日本人が日本企業のために作るクラウドセキュリティプラットフォーム

    パナソニック他 大手が続々「Cloudbase」を採用、日本人が日本企業のために作るクラウドセキュリティプラットフォーム

  4. サイバー攻撃 はじまりはいつも OSINT ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  5. 中高生サイバーセキュリティ競技会「CyberSakura」第3回、京都府立嵯峨野高等学校 チーム「HEXAGON」優勝

  6. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  7. 応募資格25歳以下、NICTの「SecHack365」2021年度受講生募集

  8. 警察庁、総務省それぞれの最新の取り組みは? 官民連携、国際連携を通してより安全なサイバー空間の実現を ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  9. 1名でも参加できるエントリー部門新設 ~ 中高生対象サイバーセキュリティ競技会「CyberSakura」第3回開催

  10. Reject 運用のポイント他 ~ 日本プルーフポイント「DMARC Conference 2024」5 月末 大手町で開催

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×